低レーターの初めての構築記事

どうも、はじめまして

Charonと申しますm(*_ _)m

先日行われたインターネット大会「2017 International Challenge February」にて、自分の目標であった1700に乗ることができましたので、ここに構築を書かせていただくことにしました。低いレートではありますが、温かい目で見ていただけると幸いです。f:id:Charon121008:20170227061417j:image

では早速構築に移ります。下の画像の通り、プテラガブの並びです。この構築、見たことがある方もおられるかもしれません。実はとある方の構築と面子は同じなのです^^;僕もその方の構築を見た時は少し驚きました笑

f:id:Charon121008:20170226081118j:image僕はチャンピオン超えるというのは僕の好きなNのセリフです> <

 

今回の大会での僕の印象は天候変化ポケモンが少ないなぁというものでした。1500~1600ではキュウコンサンドパンのパーティがちらほらいましたが、16より上では天候を操作できるポケモンはほとんど見られませんでした(僕の当たった限りではですが)。たまに見るのはギガイアスくらいだったように思えます。なので、僕のパーティで天候を操れるギガイアスは比較的動きやすく、かなり活躍してくれました!

 

ではパーティ紹介に移らせていただきます

m(*_ _)m

 

プテラ@きあいのタスキ

性格:陽気

特性:緊張感

努力値:0-252-4-0-0-252

技構成:いわなだれ  うちおとす  フリーフォール  おいかぜ

 

この構築での要ポケモンの1つです。Sはコケコと同速勝負にするためぶっぱ、残りを耐久に振るか考えましたが、襷を持たせるということで結局要らないという結論に至りました。余りをBに振ったのはHに振ると、実数値が奇数になってしまうため、それを嫌っての振り方です。ここはHに振っても、Dに振ってもそこまで変わらないと思います(?)

このポケモンは基本先発でガブリアスと並べて相手によっていわなだれ(雪崩)、フリーフォール(フリフォ)、おいかぜ、うちおとすという技構成からわかるようにほぼ全て相手に対して動くことができます。フリフォは主に相手の隣のポケモンを1ターン動けなくさせることができ、もう一方のポケモンに比較的安心して技を打つことができます。いわなだれガブリアスにも搭載させており、雪崩連打でゴリ押す場面もありました笑 おいかぜはコケコ対面の時や、こちらのガブリアスが遅いため、相手にガブを縛れるポケモンがいるときに使いました。うちおとすは使いどころこそ少なかったものの、テッカグヤが重いこのパーティではガブリアス地震で一貫性を作れることで、大きな活躍を見せてくれました。選出率は1位でした!

 

ガブリアス@ジメンZ

性格:意地

特性:鮫肌

努力値:20-124-4-0-156-204

技構成:じしん  つるぎのまい  ドラゴンクロー  まもる

 

このパーティの要2。結構細かく調整をしました。Sは控えめテテフを意識して準速95属抜き、耐久にも厚く振りました。HDは上を取られる可能性がある臆病テテフのムンフォ、ドレディアのZリフスト確定耐えとしました。Hが偶数になってしまったのにはどうしてもSにあと1振りたくて、止むを得ずです…。動きは基本的にはプテラとセットですが、プテラが落ちた後もSを薄めにしたことで、トリル下でも比較的動きやすかったです。また、巻き込み地震をしなければならない場面が多いのは注意点です。また、プテラでフリーフォールをしてその横でつるぎのまいをすることでかなり多くのポケモンを狩ることができてとても気持ちよかったです笑

こちらも選出率は1位。

 

ポリゴン2@しんかのきせき

性格:図太い

特性:ダウンロード

努力値:244-0-196-0-68-0

技構成:じこさいせい  10まんボルトれいとうビーム  トリックルーム

※素早さ個体値は0です

 

パーティのトリル要因。基本的にはギガイアスと並べて使います。Cに振らなかった理由としては、耐久に厚く振りたかったのと、ダウンロードで上昇を狙うことで相手の調整次第になりますが、それだけで十分な火力を確保できると踏んだためです。実際火力に関しては困ることはありませんでした。のんきにしなかった理由は特にないです笑

のんきでも耐久に差はないので、のんきの方がいいかもしれません笑

選出率はプテラガブに続く3位。

 

ギガイアス@イワZ

性格:ゆうかん

特性:すなおこし

努力値:244-252-12-0-0-0

技構成:ストーンエッジ いわなだれ すなあらし まもる

 ※素早さ個体値は0です

 

トリル下のエースであり、天候操作要因でもあります。wcsルールでのレート環境から天候がそれなりに流行ると見込んで砂嵐をもたせましたが、予想は外れて使う機会はありませんでした^^;これならワイガの方がよかったかも()

また、お気づきの方も多いと思われますがこの構築はダブルZです。しかも、選出する際にガブとギガイアスを同時選出することも少なくありませんでした。何故そうしたかというと、意外とガブリアスの地面Zは腐りやすい場合があり、読み間違えてガブが落ちるなんてこともありました。そこでZが無駄になるのを防ぐ目的でイワZを持たせました。また、ギガイアス自体他に持ち物を持たせる必要が無かったというのもあります笑 弱点保険なんかでも面白いかもと思いますかね。

選出率は4位でした。

 

カプ・テテフ@いのちのたま

性格:控えめ

特性:サイコメイカー

努力値:0-0-0-252-4-252

技構成:サイコキネシス 挑発 ムーンフォース まもる

 

このパーティの特殊アタッカー。挑発持ち、さらには猫騙しを選出段階で牽制することができたので、使用率以上の活躍をしてくれたと思います。この子は色々な子と組めるためあと一体どうしようかという時に重宝しました。さすがテテフと言うべきでしょうか、追い風下での爆発力はやはりすごかったです。

使用率は低めの5位

 

テッカグヤ@サイコシード

性格:意地
特性:ビーストブースト
努力値:H212A228B4D28S36
技構成:かえんほうしゃ ヘビーボンバー タネばくだん 守る

 

HB:ギガイアス岩Z確定耐え
BD:ポリ2のダウンロード対策 

構築全体で重いカミツルギトリトドンに対して強めに出れるように調整してみました。最初は陽気のチョッキテッカグヤを使っていたのですが、守るがないと意外ともろいことに気づきテテフと並ぶ事で耐久を上げられるサイコシードにしてみました。環境にテテフが多かったのもあって同時に選出しなくても耐久を上げられることなどもあって、意外と良かったのかなと思います。

選出率は6位でした。

 

基本選出はプテラガブを先発にし、相手を見てプテラガブで押し切れそうなら裏にはテテフやカグヤを、プテラガブでも少しキツそうなら裏にはポリ2ギガイアスを置いて、一つの試合で追い風とトリルを同時に選出することも多かったです。GACTには比較的強く出れたのですが、AFKはガブが舞えないときつくなるという安定しないモノになってしまいました…。

 

以上がパーティとなります。今回は非常に時間が無く、対戦回数もかなり少ないためレートは伸びませんでした。結果としては26戦中21勝の勝率8割という結果になりました。もしもっと潜れていれば1800には乗れたのかなと思うと悔しい限りではありますが、この結果には満足しています。欠陥も多々あるとは思いますが、プテラガブの強さを少しでもお伝えできたら幸いです。ここまで見てくださった方、また対戦してくださった方々、育成や厳選の際に協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました。拙い文章ではありましたが、ありがとうございました。

 

今後も低レートながら頑張って行きたいと思います。また会う日まで(・ω・)ノシ